食オタ|食の資格者コミュニティ

カーボロネロ

726 views

カーボロネロ(黒キャベツ)とは

カーボロネロはケールの仲間で、トスカーナ地方を代表するイタリア野菜です。カーボロ(cavolo)とはイタリア語で「キャベツ」のこと、ネロ(nero)は「黒」を意味しています。

「黒キャベツ」と言われるだけあって、見た目は黒っぽい緑色で、縮れた長細い葉っぱ状です。

 

カーボロネロの食べ方

キャベツのように生で食べても問題はありませんが、生のままだと繊維質で固いです。煮込むほどに美味しくなる野菜なので、ぜひじっくりと煮込み料理にしてみましょう。

 

トスカーナの郷土料理「リボリータ」

カーボロネロは豆とも相性が良く、トスカーナの郷土料理「リボリータ」が、食べ方として代表的です。本来は白いんげん豆と一緒に煮込むのですが、茹で大豆やミックスビーンズを使って、ミネストローネにしても美味しいですよ。

また炒め物やパスタの具材にしたり、オリーブオイルをまぶしてオーブンでパリパリに焼いてチップスにしても良いですね。煮崩れしないのでロールキャベツもオススメです。

 

保存方法

保存は紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫へ入れましょう。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Evernote
Send to LINE